Skip to content

#timeforunrest #art2cureME 2018

A repeat of the 2017 art project to raise awareness for Myalgic Encephalomyelitis (M.E.) through (performance) art launched by professional artists but this time with a twist and maybe a shout. It continues until it stops so more work will be added along the way.

For more information on how you can join in and help out please check out the blog. The blog is available in: EnglishNederlandsDeutschFrançaisEspañol, Italiano.

 

Video

Click on the info button to show or hide the description.

 

Photography

 

Press

 

A great article in the Marie Claire that was written in light of #MEawarenessday and mentions the #art2cureME Project:

 

Dans Magazine writes an article in support of the #Art2cureME project:

 

An excellent article in The Canary about the #art2cureME project and my fight to raise more awareness for ME:

 

A well written article by a professional dance studio in Tokyo about the #art2cureME project. Click here for English.

“慢性疲労症候群”という言葉をご存知だろうか? 慢性疲労症候群とは、これまで健康に生活していた人がある日突然原因不明の激しい全身倦怠感に襲われ、それ以降強度の疲労感と共に、微熱、頭痛、筋肉痛、脱力感や、思考力の障害、抑うつ等の精神神経症状などが長期にわたって続くため、健全な社会生活が送れなくなるという病気だ。(日本医療研究開発機構「AMED」HPより) 『ダンプレ』では、昨年この慢性疲労症候群によって、踊る喜びも、立ち上がることさえも困難になったダンサー アニルによる、アートを通してM.E.(慢性疲労症候群)の認知度を高めるプロジェクトを紹介した。 ※日本で慢性疲労症候群(CFS:Chronic Fatigue Syndrome)と呼ばれている疾患は、イギリス・カナダ・オーストラリア・ノルウェーでは筋痛性脳脊髄炎(ME:Myalgic Encephalomyelitis)と呼ばれているそうです。現在、世界中の多くの医学会誌ではME/CFS(筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群)と表記されることが多いようですが、アニルのプロジェクトを尊重し、ここではM.E.(慢性疲労症候群)と表記させていただきます。 昨年の記事がこちら ダンスによる支援を。M.E.(慢性疲労症候群)プロジェクトへぜひご参加ください!5月12日は慢性疲労症候群 世界啓発デー アニルはプロのバレエダンサーとして、たくさんの経験とキャリアを積み重ねていた矢先突然この病に襲われ、始めは身体の調子のおかしさに本人も何が起きているのか分からず、悩み続ける日々が続いた。それから微熱が続き、寝たきりの状態になり、病気発症から数年後にやっと出た検査結果が慢性疲労症候群だった。 この病気は、その『慢性疲労症候群』という名前から慢性的な疲労や精神的疾患と誤って認識されていることが多く、病の本当の苦しさ、辛さが理解されづらいと言われている。また少しずつ解明されてきているが未だ原因が特定されておらず、治療法も確立されていない。  ※アニル氏のHPより抜粋 慢性疲労症候群患者によるドキュメンタリー映画「Unrest」 言葉での説明だけでは、病の苦しみ、辛さが理解し難い慢性疲労症候群。この病についてもっと知ってもらう必要があると、患者の1人であるJennifer

ダンプレ=ダンスニュースメディア ダンプレ=ダンスニュースメディア

 

Other